活動紹介

第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)

全国健康福祉祭(愛称:ねんりんピック)は、スポーツや文化種目の交流大会を始め、健康や福祉に関する多彩なイベントを通じ、高齢者を中心とする国民の健康保持・増進、社会参加、生きがいの高揚を図り、ふれあいと活力ある長寿社会の形成に寄与するため、厚生省創立50周年に当たる昭和63(1988)年から毎年各都道府県・指定都市が持ち回りで開催しているものです。

平成29年度の第30回大会は、秋田県で9月9日(土)から12日(月)の4日間、県内17市町村を会場にスポーツ交流大会やさまざまなイベントが開催されます。

また、全国老人クラブ連合会と秋田県老人クラブ連合会の主管による「地域文化伝承館」も下記により開催されます。

地域文化伝承館とは
全国健康福祉祭(ねんりんピック)の関連イベントして、高齢者が長年培ってきた豊かな経験・知識・技術を生かして取り組んでいる様々な地域文化・生活文化の伝承活動を実演、展示し、各世代との交流を図るとともに、老人クラブをはじめとする高齢者の活動への理解を高めることを目的し実施されるものである。
第30回全国健康福祉祭あきた大会 地域文化伝承館
主 催
厚生労働省、秋田県、一般財団法人長寿社会開発センター
ねんりんピック秋田2017実行委員会
主 管
全国老人クラブ連合会、秋田県老人クラブ連合会
期 間
平成29年9月9日(土)〜11日(月)の3日間
会 場
秋田市 秋田拠点センターアルヴェ(秋田駅直結)
1階「きらめき広場」 2階「多目的ホール」
内 容
  1. 県内老人クラブによるブース出展:17団体
    (地域文化伝承活動、郷土芸能等の展示・実演・交流体験)
  2. 県内老人クラブによる活動動発表(ステージ出演):51団体
    (踊り・体操・合唱・寸劇・ミュージカル等)
その他
内容については、チラシ(PDF)を参照